生命保険の保障額を検討しよう

生命保険の保障額を検討しよう


生命保険のメインの保険金、死亡保障金の額を再検討してみましょう。万が一の時に残された家族に必要なだけ保障されるでしょうか?保障不足で家族が困らないようにしっかりと考える必要があります。子供が1歳の人と子供が18歳の人とでは、これから必要な金額は違いますし、子供の人数、住まい状況などにより人それぞれ必要金額は違います。

保険料が高ければ高いほど手厚い保障は簡単にできます。保険料を出来るだけ押さえ、手厚い保障を付けることが必要とされます。出来るだけ保険料を抑えるためには必要性の無いところから削る作業が必要です。子供が大きくなるまでは保険金を大きくして、その後を減らす方法なども、考えなければなりません。

保障が多すぎるということは無駄に保険料を上げてしまいます。どこを削るかをしっかりと検討しかしながら、保障不足で遺族が困ったりしないように保障内容、保障額、保障期間をしっかりと検討しましょう。

保障を増やす・減らす


生命保険の保障額を増やしたり減らしたりすることにより保険料を抑えたり増やしたりすることができます。またその保障額の増やし方・減らし方も様々です。まずは生命保険の保障額を増やす方法です。現在の保険では足りないなどの場合に現在加入している保険の保障を増やしたり手厚くする方法でその分保険料は高くなります

通常は中途増額と呼ばれ途中から保障額を増やすことを言います。また加入中の保険とは別に新規加入することにより保障額を増やすという方法もあります。さらには現在の保険に特約などを増やす特約の中途付加という特約により保障額を増やすことも可能です。

次に生命保険の保障額を減らす方法です。保障額を減らすことにより保険料を安く抑えるために活用します。中途減額と呼ばれ現在の保険の保障を単純に引き下げることを言います。また特約のみを削除する特約解約により特約分の保険料を抑えることができます。

保険料・保障内容をしっかりと見極め、必要な保障を増やしたり、必要以上の保険を削減したりして効率よく保険を納めるように心がけたいものです。間違っても必要な保障を削ってしまったり、必要以上の保障をつけて無理な保険料を支払い続けるようなことが無いようにしていきましょう。

【減額】
(げんがく)は保障額を減らすことを言います。保障額を減らすことにより月々の保険料を抑えることができます。特約部分を解約することでも減額になります。

【増額】
増額(ぞうがく)は現在加入している保障額を増やすこと。新規加入や特約を追加する場合も保障額は大きくなるので増額と言います。健康状態によっては増額できない場合もあります。

生涯年収を考える


一般的な幸せとは何か?平均生涯年収である2億、3億を稼ぎ、5000万円の家を購入して満足いく生命保険に加入し、一般的な車を購入、子供2,3人に教育費を十分に充てられる生活なのかもしれません。

しかし、一時期はこの生活が一般的だったかもしれませんがもはや過去の話・・・。現在、上記のような生活が送れるのはかなり幸運な状況といえるのかもしれません。平均年収300万円台が普通になってる今なら40年間勤め上げても1億2000万円にしかなりません。早くも過去の将来設計をそのまま利用した場合、かなりの借金を抱える計算になってしまうのです。

生活レベルによって生命保険のプランは異なります。自分にあった生命保険選びをするということは将来設計を見つめなおすことと同じだと思います。

自分の将来を予測し考慮しなければならない所

に生命保険選びの難しさがあると思います。

安心して生活するためにも安心できる生命保険に加入するのは必須条件です。住まい、自動車、教育費などを見つめる機会でもあります。万が一になった時にいくら必要なのかを把握する必要があるということなのです。

何せ誰もが将来のことは初めての経験になります。自分だけで考えれば単なる予想にすぎません。保険相談を利用することにより過去の事例、たくさんの経験を元にしたアドバイスを貰うことができるので生命保険比較、選びにはかなり有益な情報になると思います。

残された家族を考えているか?


生命保険に加入する第一の目的は自分に万が一の事があった場合、残された家族が困らないために加入している人がほとんどだと思います。また、その不安を感じている人の割合は日本の生命保険加入率を見る限りほとんどの人がそう感じていることが想像できます。もし明日、万が一が起こった場合、

本当に残された家族が困ることがないのか

真剣に考え生命保険を選んだかを自信を持って言える人はどれだけいるでしょうか?

明日以降の家族の日常生活の資金に不安はないのか?配偶者の老後の生活は大丈夫なのか?子供の教育費が足らなくなることはないのか?債務だけを残してしまわないのか?不安材料を上げればきりがありませんが、それをカバーするために加入するのが生命保険なのです。

そんな不安要素を解消するために相談してくれるのが下記のような生命保険相談サイトです。下記のような保険相談は保険を提案するという単純なものではありません。あなたのライフスタイルを考慮し、万が一の時にいくら必要なのかを予測、計算して必要な保険を考え、最良の保険を提案、アドバイスしてくれるので是非、活用してみてください。

出産、養育費用を考える


万が一の時、生涯のお金の不安を解消するための生命保険ですから人生にかかるお金を正しく理解しておく必要があると思います。その中でまずは出産や育児にどれだけかかるのかを人によっては考える必要があると思います。

厚生労働研究班の調査で入院分娩費用は全国平均で42万円程度かかるそうです。健康保険で出産育児一時金がでますので分娩費用は考える必要はないと思いますが、子供が成長するためには様々な費用がかかるためしっかりとした計算をしておく必要があると思います。

とは言え一般的には子供にかかる費用は年齢が高くなるにつれて高額になり家計に占める割合も高くなります。何人子供が欲しいか?または何人子供がいるかによっても大きく異なると思いますが今後、子供ができる可能性があるのなら生命保険を選ぶ際には考慮しておかなければなりません。

乳幼児までの費用は子供が成人するまでの事を考えればあまり費用がかからない時期ですが、計画的な人生設計をするのなら無視することはできません。

教育費用を考える


あなたが万が一の時に子供の教育が金銭的な問題で満足に受けれないようなことがならないために生命保険や学資保険に加入している人は少なくないでしょう。やはり子供にかかるお金で絶対に無視できないのが教育費用だと思います。

小学校よりも中学校、中学校よりも高等学校、高等学校よりも大学のほうが費用が掛かることを考えれば

確実に出費は増えていく一方

なはずです。文部科学省の調査では公立の小学校でも年間31万円かかるそうです。

6年間の間に子供が2人いれば年間62万円ということになります。もちろんこれは義務教育のみの算出なので塾などに通わせればさらに必要なお金は多くなると思います。

中学生になれば年間48万円私立ならば124万円、さらに学習塾に通えばプラスした金額が当然かかります。また入学時にはさらにまとまった金額も必要になり単純に算出された金額では収まることはありません。

高校生は公立で52万円私立で98万円だそうです。大学生になればさらに増えます。そして国立や私立、4年制大学と短大、自宅から通うのか下宿して通うのかによっても大きく金額は異なってきますし、仕送り額によってもだいぶ違ってくると思います。

義務教育無償化など様々な法律が整備されているので先を読むのが難しいですが万が一の時でも子供にしっかりと満足できる教育を行うためにも生命保険選びはしっかりとした経験、知識のある下記のようなファイナンシャルプランナーとじっくり相談して安心できる生命保険を選ぶのが最適です。

(参照)文部科学省

教育費を知って生命保険を比較する

住宅取得に関する費用を考える


人生最大の買い物といえばほとんどの人は家だと思います。全国平均で3500万円台マンションは3300万円台と住宅金融支援機構の調査で結果が出ていました。人生設計をする上で外すことのできない住宅について、しっかりとした予定を立てることが必要になってくると思いますが限られた人でなければローンを利用することになると思いますので、住宅ローンに組み込まれている団体信用生命保険により万が一の時には保険金を債務の返済に充当します

また、月々のローン支払い額は12万円程度が一般的なので家計を圧迫しないように生命保険の保険料を考慮する必要が出てくるかもしれません。上記の平均価格はあくまで全国です。地域によっても家の平均価格は大きく異なりますのでしっかり確認しておく必要があると思います。

2人以上の世帯では持ち家率は7割を超えておりますので、たくさんの経験をもつファイナンシャルプランナーと相談しながら生命保険を選べば、住宅の事もしっかり考慮した生命保険選びができると思います。一社に偏らないファイナンシャルプランーは下記相談サイトで無料相談できますので生命保険の見直し、比較をする際には活用すると良いと思います。

(参考)住宅金融支援機構

配偶者の老後を考える


高齢化社会になりますます老後に不安を感じる人が急増していると思いますが、もしあなたに万が一のことがおこった場合、配偶者である妻、夫はどのような老後を迎えると思いますか?公的年金があてにならないと不安を覚えて言える人も少なくないと思います。そんななか万が一があってもなくても配偶者の事も考慮して生命保険、養老保険を考える必要があると思います。

そのためには老後に最低限いくらぐらいお金が必要なのかを知っておく必要があると思います。生命保険文化センターが行った意識調査では夫婦二人で月に22.3万円は必要と考えられているそうです。もちろん必要最低限ですのでこの中にはゆとりある老後の趣味や旅行といった娯楽等は含まれておりません。

豊かな老後を迎えるためにはそれ以上必要

ということになります。

そして寿命ということも無関係ではありません。長寿国日本は2006年時点で、男性は79歳、女性は85.8歳なので65歳からが老後と考えた場合女性は20年間を考えなければならないのです。もちろん平均寿命なのでこの数値にこだわるのは禁物ですが、単純に計算しただけでも相当な金額が老後にかかることがわかります。

具体的な予測、どのような生命保険に加入すれば安心なのかは下記相談サイトで詳しく聞くことができますので利用してみてください。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び