生命保険を意識しよう

生命保険を意識しよう


生命保険を常日頃から意識している人はいないと思います。生命保険は万が一の時にしか必要ないからです。しかし、間違いなく、毎月支払っているのです。先月も今月も、来月も支払っているのです。世帯を持っている人の9割は生命保険に加入している統計があります。つまりほとんどの人が常に生命保険の保険料を毎月支払っていると言うことです。

なのに、年に1度も生命保険を考える機会が無いのはあまり良いことだとは思えません。ただ単に支払っているだけという感覚に陥ってしまいます。保険の見直しというのは万が一になってからでは遅いのです。万が一になる前に見直す必要があります。

それは保険料はもちろんのこと、保証内容もしっかり吟味する必要があります。65歳で満了の定期だった場合、66歳では支給されません。またがん保険の場合は、その他の内容では支給されません。生活習慣病も一昔前なら3大成人病とよばれ、がん、脳卒中、糖尿病のみでした。しかし現在は七大生活習慣病と呼ばれ、がん、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患、脳血管疾患、肝硬変、慢性腎不全が生活習慣病と呼ばれています。

入院保険も8日以上とか、90日までなど、制限があり、それらの日数も見直さなければなりません。万が一になってからでは遅いのです。

何も無い今だからこそ見直す必要があるのです

保険料だけに問わられず、保障内容も見直す必要があります。

知りたいことがないのが問題


生命保険について無頓着なのは生命保険について知りたいことがないのが理由の一つだと思います。ただ、これは知りたいと思うほど最初から知識がないのが原因だと言う人も多いのは簡単に想像できます。言うまでもなくある程度の知識があるからこそ知りたいと思えるからです。ですから生命保険について興味、知りたいという気持ちを持ってい頂く為に一つ保険についてあなたに質問してみたいと思います。

あなた子供が将来、学校など必要な費用のために学資保険こども保険などが保険会社から販売されています。その一方、あなた自信、ご主人が万が一の時に子供の学費が支払えないという事態になったときのために、ご主人の生命保険に加入するのでは

どちらが得策でしょうか?

上記の例などは生命保険に関して知りたいことのうちの一つに過ぎません。生命保険を知れば知るほどこのような素朴な疑問が生まれてきます。ここで答えを出しません。上記のような内容も保険のプロ、ファイナンシャルプランナーと相談して最良の保険選びをしてください。無料で相談できるサイトは下記でもご紹介しております。

私も最初にファイナンシャルプランナーと相談してある程度知識を持ちこのような疑問を相談員に投げ掛けてみました。あなたが生命保険を知れば知るほど無駄のない生命保険選びができるのです。決して得をするためではありません。損をしないために生命保険をしっかり選ぶ必要があるのです。

今の保険を把握してますか?


今、あなたが加入している生命保険の内容を覚えていますか?隅々まで理解していますか?また、保険金が下りない項目を理解していますか?もし、そうなら今すぐ、確認しておかなければなりません。

しかし、大抵の人は

契約している保険の内容を把握していない @

事のが多いのではないでしょうか?残念ながらそれが実態です。普段の会話で生命保険の事など話す機会はほぼ無いと思いますし、生命保険自体がややこしく理解しにくいという点も把握できない理由だと思います。

では、一つ聞きます。「あなたはなぜ、生命保険を契約しているのですか?」そう聞かれれば「万が一の時の為」と即答すると思います。しかし、生命保険は必ずしも万が一の時に役に立つとは限らないのです。それは生命保険が救済の為にある訳ではなく、あくまでも契約する商品だからです。つまり保険金が下りない事項があるのです。それはあなたが契約している項目以外です。

保険金が下りない条件を知る必要は無いのです。保険金が下りるものをすべて把握しておく必要があるのです。そしてその際にはいくらの保険金が下りるのかを知るのが生命保険だと思います。商品って普通こういうものではないですか?。あなたが今、携帯を買ったとして、できないものを探しますか?おそらく出来る機能を探すはずです。保険だって紛れもない保険会社の商品なのです。しかしというか、やはりというか生命保険はやはりわかりにく部分も多少なりともありますしややこしいと感じる時があると思います。

しかし、その作業をあなたが一人で頑張る必要は無いのです。保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料で相談に乗ってくれるのです。無料の保険相談は今の保険を分かりやすく教えてもらいながら再確認する事も出来ます。そして今の保険の欠点も教えてもらえ、その欠点を保険料を考慮しながらカバーできる保険などをアドバイスしてもらうことも出来ます。

ちょうどいい保険は難しい


生命保険の賢い契約とは、死ぬ直前、病気になる直前に加入する!冗談のようで本当の話です。無駄のない保険とはまさにそう言うことなのです。しかし、残念ながら誰も先のことは分かりません。万が一が明日かもしれませんし、10年後かもしれません。50年後なのかもしれません。それは誰にも分かりませんし、当然本人ですら分からないのです。

そして賢い生命保険の選び方は、あなたが万が一の時に遺族があなたがそうならなかった時と同等の生活ができるようにすると考えれば簡単です。必要以上の保険は無駄遣いですし、足りなくなっては保険にもなっておらず元も子もありません

しかし、これはかなり難しい事です。あなたの人生ですから前例があるわけではありません。子供が大学まで行くかもしれませんし、私立を選択するかもしれません。もっと細かい事まで考えれば一人として同じ人生は歩まないのです。ですから、

似たような状況の人を参考にするしか方法はありません

全く同じでは無いにしても似たような人生の人に自分を置き換えて考えることは可能です。しかし、たくさんの保険を扱ってきたプロならまだしも、他人の人生を見つめる機会の無い私たちには予想しづらい問題です。

もし、あなたが明日、万が一の時に必要なお金を正確に算出することができますか?ほとんどの人が難しいと答えると思います。平均的な必要になってくるお金なんて一人じゃ想像すらできませんから・・・。平均値を出すには当たり前ですがある程度の数を見てこなければ出せるものではありません。

無料相談をたくさんしてきたファイナンシャルプランナーならそれはクリアしています。「あなたの様な人生を歩んでいる人はだいたいこれぐらい掛かりますよ!」とアドバイスをもらえるだけでも賢い保険選びにはかなり重要なヒントになります。さらにそれが分かってもたくさんある保険会社、保険商品のなかかららベストな保険を選ばなくてはなりませんが、それもたくさんの保険最新情報をもっている保険相談員と一緒ならベストで間違いない保険を選ぶことはそう難しいことではなくなります。無料なので是非、活用してみてください。

保険金未払い問題で理解しよう


平成19年に発覚し大問題になった保険金未払い問題。初めて聞いたと言う人はもう一度、世界一保険が大好きと言われる日本人でもここで初めて知ったという人が多いのが問題だと言うことを再認識して頂きたく思います。保険料未払い問題という名称から、「保険金を支払ってくださいと言っているのに、渋って払ってくれない」という問題だと思っている人もいるのではないでしょうか?

この問題はそもそも、保険金を受け取るだけの資格があるのに、私たちがその資格があると思っていないために請求していない問題なのです。それを保険会社は分かっていてもなんら案内しないことが問題とされたのです。この問題は私に言わせれば保険金受取案内不足問題なのです。ただ、保険会社も問題があるかもしれませんが、私たちお客も、商品のことを理解せずに契約して安心していたことも反省すべき問題だと思っております。

ほかの買い物ならばこんな問題など起こりそうもありませんが、保険と言う一見分かりにくい商品という事だけで敬遠してしまうために起こってしまうことです。この問題により改善されることも多いと思いますが、私たちも保険について知る必要があるという警告だと受け取るとよいと思います。

少し勉強すれば保険は非常に分かりやすいです。しかし、保険はややこしい仕組みになっていることも事実です。それを理解すればこのような申告漏れ的な問題は起こらなかったのではないかと思っております。

保険を見直すことで保険を再勉強できるいい機会です。本気で保険を知ろうと思えばそんなに難しくなく分かります。そしてそれを知るだけの価値があるのも生命保険です。それを認識して保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか?保険のプロ!ファイナンシャルプランナーと相談しながら保険についてもう一度、勉強して間違いない生命保険を選んでください。この日本にどれだけの保険会社、どれだけの保険商品があるかが分かるだけでも大きな意味があると思います。無料なのでぜひ利用してみてください

生命保険選びは最新情報が不可欠


最良の生命保険を選ぶことは容易なことではありません。保険に関する豊富な知識はもちろんのこと、各保険会社から定期的に販売されている最新の保険商品も把握しなければ最良の生命保険を選ぶことはできません

管理人自身も生命保険に関する知識は人一倍持っていると自負しておりますが、最新の情報を常にアンテナを貼っているかといわれると本業ではない分、難しいのです。さらに言えば最新の情報や豊富な知識をもっているだけでもまだ足りないのです。それは

自分の生活スタイルを冷静に分析できる能力

とそれに

必要な保険金の計算

も必要になります。

つまり、素人だけでは絶対に賢く生命保険を選ぶことなど不可能に近いというのが管理人の結論なのです。そうなれば必然的に保険のプロに頼る必要が出てきますが、誰に頼るかが問題になってきます。親身になって考えてくれる保険に精通した人がいればよいのですが、それはなかなか難しい問題です。

また、最新の情報を常にチェックしている友人など皆無ではないでしょうか?そんな人も気軽に無料で利用できる保険相談しか頼る道は残されていないと思うのです。そこで親身になって考えてくれる人を見つけることが生命保険を賢く楽に見つけれる手段だと思います。

保険を一から勉強し、豊富な知識を身に着けても最新情報もこまめにチェックできなければ生命保険を選ぶことができないという点は忘れてはいけない項目だと思います。もちろん知識を得て損はありませんが、それだけでは難しいのです。

生命保険の更新を考える


生命保険に関する不満はトータル金額が見難いなどたくさんありますがその一つに保険料更新があります。10年ごとに保険の更新があり保険料がアップすることが多いのですがそれ自体は悪くないと思いますが10年後の保険料が見えないのも問題です。

万人に理解して頂くためにオーバーに言いますが今現在は保険料5,000円で10年後に5万円、20年後に10万円になったとします。そうすればどのような困ることがあるか?それは本当に必要の可能性が高い時期に保険料が支払えなくなり今まで支払っていた保険料が無駄になってしまうことです。今現在が1万円、10年後は3万円、20年後が5万円なら現在の保険料が高くともこちらのほうが長い目で見ればお得だけでなく無理なく保険を継続することができます。

当然死亡してしまう確率は、10年後、20年後のほうが高くなります。しかしその時にしっかりと無理なく保険料が支払えるかどうかをきちんと考えなければなりません。今、加入している、これから加入する保険はその辺まできちんと考えて加入していますでしょうか?

今現在の保険料だけを考えるだけでは駄目

なのです。長い目で見れば今の保険料が高くとも将来を考えた保険を探す必要があると思います。保険料が高くなった分、保障を下げて保険料を抑える方法もありますが出来るだけ手厚い保障を受け続けるためにもしっかりと考えていかなければなりません。


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び