今の保険を疑おう

今の保険を疑おう


現在、加入している生命保険はどんなきっかけで加入したかを思い出してください。そして、その保険を加入した経緯を思い出してください。おそらく最良の保険でない可能性が出てくると思います。まず、加入した当時と今の生活スタイルは変わっていませんか?家族の人数、住んでいる場所、給与面など何かしら

時が経てば変わってくるもの

です。仮に当時最良の保険だったとしても(可能性は少ないですが・・・)現在は違うという場合が多いのです。

そしてその保険を勧めたのは誰ですか?保険会社の関係者ではないでしょうか?生命保険会社は言うまでもなく利益を追求する営利企業だということを肝に銘じてください。保険会社の言う良い保険とは会社に利益をもたらす保険営業マンの成績が上がる保険のことを言うのです。あなたのためだけに提案される環境はないのです。保険の価格だけで決めていては内容は無視されますし、内容だけで決めても無駄に高い保険料がかかってしまうのです。

賢い保険選びとは、必要な保険のみをできるだけ安い保険料にすることが重要なのです。それ以外は保険会社の利益と言っても過言ではありません。今の保険を疑うことができれば、あとは保険会社に帰属していないファイナンシャルプランナーと無料で相談すれば少なくとも今よりも良い保険を選ぶことができるはずです。ほとんどの人がどこか欠点のある生命保険に加入していることが多いのは下記に掲載している生命保険無料相談サイトを利用した人の多くが保険を変更していることからも明らかです。

有名な保険の疑惑点


有名な保険、人気のある保険は本当に良い保険なのかを考えてみたいと思います。どんな保険でも多くの人に知ってもらうためには口コミでは難しいものがあります。普段の会話で保険の話を周りで聞いたことがありますか?プライベートな内容でもある生命保険は話のタネにならないのです。つまり多くの人が知っているという保険は少なからず想像を絶する広告費がかかっているのです。

営利企業である生命保険会社が、かなりの広告費をかけて宣伝するからにはそれを回収する必要があります。その

回収先は当然、契約者から

ということになります。さらに自社の利益も必要なので保険料の中に保険本来の価格、つまり原価に上乗せされた保険料という構図になります。有名な保険は保険会社のイメージもあるので確かに保険料だけを見れば安い可能性がありますが、その安い保険料で利益回収するためには保険の手厚さを減らす必要が必ずあるのです。

そうなればいざという時に役に立たない保険である可能性が浮上してくるのではないでしょうか?また、保険会社に行って、会社にとって利益がない保険をあなたに勧めてくると本気で思っている人はどれだけいるのでしょうか?会社にとって利益がない保険こそが一番、あなたにとって一番良い保険という可能性があるのです。そんな保険は必ず奥のほうにやられて有名で会社の利益が大きい保険を全面的に出してくるはずです。

職種こそ違えど私も会社員の時は同じようなことをしていました。当然、自分がそれを利用するときは奥からお得な商品を出してきて購入していました。これは営利企業に勤める以上、仕方のないことです。無名で売れていない保険商品こそが手厚い保障で保険料の安い会社にとって利益の少ない原価商品なのかもしれません。有名な保険に加入しているから安心だというのは今すぐ捨てたほうが良いのかもしれません。

誰でも加入できる保険はよく考える


生命保険は通常は健康な人の特権です。健康だからこそ加入できるのですが最近は誰でも加入できる保険があります。医師の診査や本人の告知の必要の無い保険が登場しています。しかしこの一見すると良さそうな保険ですがしっかりと見極めなければならない保険の一つと言えます。

それは保険料はそこまで高くないのですが

保険金はあまりおりない

という点です。病気死亡の場合は30万円から300万程度が一般的です。誰でも気軽に入れる分だけ保険金、給付金の支払い条件は厳しいのです。貯蓄で十分まかなえるケースも考えられます。支払う保険料に比べ受け取る保険料との差額が大きくなる可能性もあるのです。


お年寄りの方がお葬式代を心配して加入している人も多いと思いますが、十分貯蓄でまかなえることもあるので慎重に考える必要があると思います。ただし不慮の事故などは保険金を多く支払われることが多いので一概には言えませんが長生きすればするほど損するなら貯蓄で十分と考えることもできます。何度も手術をしても元をとれないケースも少なくありません。とにかくどんな保険でもしっかりとその商品を把握した上で選ぶべきです。

誰でも加入できる保険はよく考える2


最近、生命保険のCMで「誰でも入れる!」「そんなあなたでも入れる!」といって宣伝されている無選択型保険。つまり、保険会社が顧客を選択しないという保険です。これはどういうことでしょうか?このCMが流れた瞬間「えっ?」と思って思わず喜んだ人もいるのではないでしょうか?健康上の理由で加入できない高年齢のせいで加入できないと断られた人にとっては神の声にも近い気持ちで聞いたのではないでしょうか?

わざわざ保険会社が高いCM料金を支払ってわざわざ保険金を支払うリスクの高いあなたを誘うために流すはずがありません。保険会社も当然、勝算があるからするのです。私も同じことを簡単に言えます。「あなたがどんな重い病気でも、余命1ヶ月と宣告されても加入できます。保険料は毎月300万円です。貴方が万が一の時、最高額300万円支払います。」と・・・。

これはあくまでも極端な言い回しですが、近い内容も含まれているということを理解してください。たとえば例外を除き、死ぬまで保険料を支払います。また、保険金は最高300万円程度が一般的です。葬式費用など死後整理資金程度だと認識してください。そして保険料は割高で、加入後、2年以内の病気死亡は対象外としているという点です。

もちろん、損得抜きにして必要だという人もいるでしょうし、実際に得するケースは普通にあります。しかし、「誰でも加入できる」という

甘い言葉の裏をしっかりと理解してください

もうテレビの前で「おっ!」と思わないで冷静に判断してみてください。

【無選択型保険】
無選択型保険(むせんたくがたほけん)は保険加入時に医師の診査や健康状態、職業などの告知なしで誰でも加入できるタイプの保険です。ただしこの保険は保険金も高くなく、どちらかと言えば貯蓄に近い感覚です。保険料は割高で長生きすれば保障額よりも保険料のほうが高くなる可能性があるので注意が必要です。災害死亡時は割りと高額保険金ですが基本的には300万程度までです。

今の保険で損していないか気になった時


「今の保険で損をしていないか?」そう思ってくれればこのサイトを運営している価値があったと、意義があったと思います。疑問すら持たずに月々保険料を支払っていては、下手をすればこの瞬間さえも保険会社に搾取されているお金を今後、一生搾取され続ける事になるからです。そうならない為にもプロに「来月の保険料まで搾取される前に今すぐにでも加入している保険について再確認してもらいたいと思います。とは言え、生命保険で損をしている可能性があるケースというのは一言では無理です。実に様々な形で損をしている人がいるのです。

こればかりは、加入時に貰った保険のパンフレット、説明書、約款などと向き合っても分かるものではありません。さまざまなケース、実体験、体験談などから気づかせてくれます。様々な保険の加入者を知る下記掲載の保険相談員のような保険のプロと呼ばれる人ですら、さまざまなケースを把握するのは難しいですが、我々素人に比べれば様々な損をしてきた人たちを知っているだけに数多くの損をするケースを知っていることでしょう。

生命保険は保険ではありますが、営利企業でもある生命保険会社が販売する金融商品でもあるのです。

保険会社が喜ぶ生命保険にあなたは加入していませんか?

当然、保険会社はわざわざ優良な保険を再紹介などしてくれません。

【約款】
約款(やっかん)はあらかじめ一定の契約条件、保証範囲を保険会社が定めている保険の契約内容です。ただし、生命保険に限らず内容は正確に記するため法律用語も利用した難しい内容になっています。しかしながら大変重要なことが記載されているので目を通すことは忘れてはなりません。

無料保険相談で生命保険をチェックしよう


生命保険を賢く選ぶためには一人では専門的なこともあり、なかなかできる事ではありません。生命保険に精通しなければ、賢い生命保険選びは出来ないのです。

しかし、そんな面倒で難しい生命保険選びをプロの立場から選んでくれるサイトがあるのです。しかも、完全無料で!

もちろん、生命保険に関する相談はなんでも聞いてくれますので、一度は利用したいサイトをご紹介します。もちろんすべて無料で相談できます


無料の生命保険相談「保険マンモス」で賢い保険選び