死亡保障額について

生命保険の死亡保障額を再度見つめなおしましょう。万が一の時に必要な保障額は違います

収入、定年、子供の養育、様々な環境が代わってくるのでそれに合う保障額に設定することが日々の保険料を少なくするためには必要なことです。

子供が成人したときとこれから養育していくのでは断然後者のほうがお金を必要とします。

また、20前後の収入と40代との収入では保険料の負担も違います。さらには定年後にも保険料を支払える能力があるのかも再検討する必要もあります。

家庭の状況、収入によって本当に必要な保障額というのは違ってきます

子供が独立した場合は定期付き終身保険を終身保険のみに切り替えたり、保障額を減額するなど節約の方法はいくらでもあります。とにかく



です。少し見直すだけでも節約効果は絶大です。万が一のこともさることながら、生きるための貯蓄も考えなければなりません。

本当に必要な保障額を見直すことは常に考えなければならないことだと思います。

生命保険の節約は無料相談サイトで

終身保険について

生命保険の終身保険は定期などと違い掛け捨てにはなりえません。それは残念ながら人間が死亡する確率が100%だからです。

つまり必ずいつか貰えるのがこの終身保険となります。必ず貰える分、保険料は高額になりますが



ためにはこの終身保険を選ぶことになると思います。

支払い期間も60歳、65歳までで死亡保険は継続されるものや、一生涯支払い続ける終身払いの商品などがあります。

注意が必要なのが終身保険+定期保険特約により保障を手厚くしていた場合です。定期保険特約のほうは当然定期保険ですので60歳、または65歳などで終了していることになります。

それにより大幅に死亡保障額が減っていることが予想されます。

時期的に子供も自立し、死亡した際の高額補償の必要性がなくなったと判断している場合は問題ありませんがそうで無い場合は再度、見直す必要性が出てきます。

月々の支払いが高額になりがちな終身保険はしっかりとした知識をもって考えなければならない商品でもあり、変更する際も、解約金の返戻率などをしっかりと知っておく必要があります。

現在加入している生命保険の解約

【定期付き終身保険】
定期付き終身保険(ていきつきしゅうしんほけん)は定期の特約が付いた終身保険です。

終身保険と定期保険それぞれに別契約するよりも保険料は割安になることもありますので検討する価値があります。

基本的に主契約である終身保険の保障額よりも特約である定期のほうの保障額が大きくなるのが一般的です。

【死亡保障】
死亡保障(しぼうほしょう)は死亡または高度障害状態になったときに保障が受けられるものです。高度障害状態は一定の病状、怪我で回復の見込みが無い場合を言います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)